英語 × 複言語

「英語×英語」の教育環境が実現!

世界教養学科の専攻言語は英語です。学部共通の「英語基幹プログラム[CELP]」で「聞く・話す・読む・書く」の4技能の向上を徹底して行うと同時に、専攻言語としての高度な英語学習も同時に進めていくことで、質量ともにこだわった「英語×英語」の教育環境が実現します。

英語×英語

英語基幹プログラム[CELP]
CELP : Cross-departmental English Language Program

すべての学科で英語を基盤言語とするためのプログラム

本学では国際社会での英語の重要性を考えて、どの学科でも英語力を一定のレベルに保つために、1年次の必修科目として「英語基幹プログラム」を設置しています。PUTの他に"Listening Comprehension", "Core English", "T・T・I"という科目があります。

PUT

"超"少人数授業「PUT(パワーアップチュートリアル)」

学生に人気の高いプログラムのひとつである「PUT(パワーアップチュートリアル)」は、学生3人に対して外国人教員1人で行われる"超"少人数授業。名古屋外大特有の教育システムのひとつです。1年次に開講されています。

専攻言語プログラム

「世界教養プログラム」に関連させて高度な英語力と様々な教養を身につける

1年次から4年次にわたって「専攻言語プログラム」を習熟度別にクラスを分けて開講します。基本文法の確認や構文把握力の育成、語彙力の増強などの基本レベルから始め、最終的には高い文法力や英語テクストの読解力、口頭によるプレゼンテーション能力を身につけます。特に、世界教養学科では「世界教養プログラム」に関連させて「専攻言語プログラム」を編成。言語習得と同時に様々な教養を身につけることを目的としています。

講義名(抜粋)
  • Liberal Arts Reading
  • Academic Writing
  • Oral Presentation
  • Advanded Liberal Arts Reading
  • Advanced Oral Presentation

複言語プログラム

様々な言語を学びながら文化の多様性も学ぶ

世界共通語としての英語の役割を認めながら、多元的な価値観を重視し、英語だけでなく様々な言語を通して文化の多様性も学んでいけるように設置されたのが「複言語プログラム」です。これは全学共通のプログラムです。国連公用語とアジアを中心に経済発展の著しい国々の11の言語の中から、希望の言語を学ぶことができます。詳しくはこちらへ

ドイツ語・フランス語・イタリア語・スペイン語・ポルトガル語・ロシア語・中国語・韓国語・インドネシア語・タイ語・アラビア語

※世界教養学科の専攻語学は英語ですので、複言語として履修することはできません。

IELTS Onlineコースの紹介

IELTS Onlineはマッコーリー大学により開発された、オンラインによる優れたIELTS試験対策コースです。 NUFS生は、正規料金の50%割引で利用できます。

IELTS Onlineコースのページ: https://www.ieltsonline.com.au/enrolment/index.asp?ac=NAGOYA&c=NUFS50

コースの紹介PDFファイル