学科紹介

高度な外国語運用能力と世界に通じる教養を身につけ、
自らの力で進路を切り拓ける「就業力」を備える

世界教養学科の専攻言語は英語であり、「英語基幹プログラム」と「専攻言語プログラム」で英語運用能力の強化を図ります。
また、世界諸地域の文化、社会・経済、歴史に関する基礎的および専門的知識を、「世界教養ブリッジ科目」、および「ワールドスタディーズコース」「グローバルスタディーズコース」双方のコース科目などで総合的に習得させ、国や世代を超えて通用する「グローカル人材」を育成します。
特定の業界・業種へ就職する力、単なる就職テクニックを身につけるのではなく、教養を身に着けることにより、自分に合った仕事を自ら見つけ、自らの力で進路を切り拓ける人材を育成します。
このような人材を育成するため、世界教養学科には人文分野から社会分野、学際分野にわたるさまざまな領域を専門とする教員が所属しています。所属教員一覧はこちらのページをご覧ください。

世界教養学部世界教養学科のカリキュラムについては、こちらのページをご覧ください。